fukushima update 8, winter 2014-2015

Coming up to 4 years after the triple meltdown at Fukushima in Japan, where are we? Dr. Quamrul Haider, professor of physics and chair of the dept. of physics at Fordham University, USA, summed it up last week: ‘Fukushima will linger on for ages to haunt the future generations. Among the survivors there will be many cases of permanent sterility, increase of genetic mutations in our progenies, and a shortened life-span as a result of cancer and other radiogenic diseases’.

The truth about Fukushima’s true condition continues to dribble out. TEPCO (Tokyo Electric Power Company) admitted in August 2014 that 2 trillion bequerels (Bqs) of radioactivity was flowing into the harbour at Fukushima every month during 2013. This included 450 billion Bqs per month of strontium 90. Called ‘the bone- seeker’, once it’s inside your body strontium 90 sits in your bones radiating the bone marrow and causing bone cancer and leukemia. TEPCO only just released this astronomical number from 2013 to claim that the numbers this year (2014) were better. It’s like driving by only watching your rear-view mirrors, as an honest view ahead ‘might cause distress’. In this case the distress would be from not being able to reopen the other 48 nuclear power plants which were built in Japan, in which a lot of money was invested. It seems that it’s cheaper to let the children get thyroid cancer and leukemia. Future generations? Write them off as a business expense.

The other main thing going on at the Fukushima plant has been the attempt to build an ‘ice wall’ around the wrecks to stop groundwater flowing through them, contacting the fuel, and flowing out and into the sea. This involved first of all draining the tunnels between the plant and the sea of 11,000 tons of highly radioactive water. When these plans didn’t work TEPCO gave up on them, and have not yet announced a plan B. Attempts to seal off the concrete tunnels from the turbine buildings came to naught as they were probably cracked by the earthquake and continue to fill with highly radioactive water despite various attempts to fill them with grout, concrete, ice and nappies.

This leads on to the next problem. Groundwater from test well 1-17, between reactor two and the sea, contained 990,000 Bqs/litre of strontium 90, the afore-mentioned bone-seeker. A year ago, this test well contained 2.1 Bqs/litre. That’s a 50,000,000% increase in just one year, and indicates where we’re headed with this catastrophe. A huge pool of extremely radioactive water forming under the plant and oozing towards the ocean, 100 metres away. And it will continue to do so, for decades, as no methods or plan exist to stop this.

Much of this radioactive water will travel via ocean currents to the west coast of America and Canada. Already nearly all the starfish have died along this coast. Whether due to Fukushima radiation or to a new virus, scientists claim they don’t know, and seem to be busily looking the other way. Has a virus mutated to a new,

deadlier form due to radiation or has the radiation weakened the starfish so much that an opportunistic virus or bacteria has suddenly had a deadly effect? Scientists say ‘we don’t know what it is, but it can’t be Fukushima radiation’, ad nauseam. If you don’t know what it is then you don’t know what it isn’t either.

Why have 100% of the newborn killer whales off the Californian coast have died in the last three years? 9 Bqs/m3 of radiation has been found in the seawater off the Californian coast. This is the head of the plume of radioactivity from Fukushima, which has now crossed the whole Pacific Ocean. These levels will rise for decades, possibly centuries, concentrating up through the food chain, topping out in the top predators, whales – and us.

Plutonium and uranium were found in the black dust 120 kms away from the Fukushima nuclear plant, which we have now been told must have been transported by the hydrogen explosion at reactor 3 on March 15th, 2011. Plutonium, a man-made metal which does not occur in nature, one of the deadliest, most poisonous, most cancer-inducing substances known to man, now sprinkled liberally across the Japanese landscape, but denied by TEPCO for 3 1⁄2 years. TEPCO and Prime Minister Abe fight to contain bad news, not to contain the radiation. Now they plan again to dump the 400,000 tons of poisoned water into the Pacific, ‘because there is so much of it’.

Meanwhile Keith Baverstock, a former WHO radiation expert slammed the much quoted UNSCEAR report that predicted only minor health damage from Fukushima radiation. He said the report was ‘not qualified to be called scientific, and the committee should be disbanded. Its members are nominated by nations that have a vested interest in nuclear power.’ When he worked at WHO, a UN agency, he felt constant pressure from the IAEA to downplay radiation effects, as their mandate is to promote nuclear power.

On his retirement, Guy Crittenden, editor of Hazmat Management magazine for 25 years said in his final editorial that Fukushima is exponentially more dire than Chernobyl, and that the deteriorating plant threatens mass extinction around the world.

The final word to Dr. Haider, PhD: ‘Wars, plague, famine and natural disasters were known as the ‘Four Horsemen of The Apocalypse’. After Chernobyl and Fukushima, nuclear accidents can be added as another horseman.’

We recommend this video:-

https://www.youtube.com/watch?v=9mn8 XUxVq0g. It talks of the fuel rods in reactor 4, which have now mostly been removed. But it talks of the other problems too, which are ongoing. For centuries.

Wind and solar are safer.

For good daily updates, go to enenews.com, fukushima-diary.com, or no2nuclearpower.org.uk.

Written by Kick Nuclear: stopnuclearpoweruk.net/groups/kicknuclear

福島 最新情報 2014-2015 冬

日本の福島での 3 基の原子炉の溶融から 4 年目となりますが、今私たちはどんな状況にいるのでしょうか?米国のフォ ーダム大学物理学部長で物理学教授であるフォーダム博士は先週このように述べています。「福島はこれからの幾世代 を長期間に渡って悩まし続けることでしょう。被曝を生き延びた人々の中に恒久的不妊症、我々の子孫の遺伝子突然変 異の増加、癌やその他の放射性疾患の結果として寿命の短縮など多くのケースが発生するでしょう。」 福島の真実の状況・実態が徐々に明らかになりつつあります。東電は 2014 年 8 月に 2 兆ベクレルの放射能が 2013 年に 福島港に毎月流失し続けたと認めました。この中にはストロンチウム 90 が毎月 450 兆ベクレルが含まれています。これ は骨の探求物といわれ、体内に入るとストロンチウム 90 は骨の中に留まり骨髄に放射線を放射し癌や白血病を齎します。 東電は 2013 年のこのとほうもない数値を発表し 2014 年はこの数値は減少したと主張しています。これはあたかもバッ ク・ミラーだけを見て車を運転しているようなもので、前方の正直な観察は「心痛をもたらす」と言っているようなも のです。この場合、多額の資金を投資して建設されたその他 48 基の原子炉を再稼動できないことから来る心痛なのです。 子供たちが甲状腺癌や白血病になる方がより安上がりだとしているのです。未来の世代?事業経費で帳消しにしてしま う。 福島原発における主要な出来事は、破壊された原子炉の周囲に「氷壁」を築き破壊された原子炉に流入・流出する地下 水を止めようと試みたことです。 この地下水は燃料棒に接触し流出し海に流れ込んでいます。このために先ず原子炉 と海の間のトンネルから高度の放射性を帯びた水 11,000 トンを排水することを試みました。しかしこれらの企画は成功 せず、東電はこれらを放棄し、次の企画を発表していません。タービン建造物からのコンクリートのトンネルを密閉す る試みも無に帰しました。これらの建造物は地震で割れ目を生じ、グラウト、コンクリート、氷、おしめ等で割れ目を 塞ごうとした色々な試みにも拘らず高度な放射性の水で満たされ続けたのです。 これが次の問題へと繋がっていきます。原子炉 2 と海の間にあるテスト井戸 1-17 からの地下水は前に述べた骨の探求 物ストロンチウム 90 を 990,000 ベクレル/リットル含んでいた。一年前にはこのテストでは 2.1 ベクレル/リットルを含ん でいた。ということは、一年間に 50,000,000%の増加となり、これは我々が大災害へと向かっていることを示していま す。極度に放射性を帯びた巨大な水溜りが原子炉の下に形成され、100 m先にある海に染み出ていることになります。 そして。この状態を止める方法がない故に、これが何十年と継続することになります。 この放射性を帯びた水は海流の乗ってアメリカとカナダの西海岸へと到達します。既にこれらの海岸ではヒトデはほと んど死に絶えました。科学者たちはこれが福島の放射線汚染のためか新しいビールスによるのか分からないと主張して、 その他の原因を探しているようです。ビールスが、放射汚染により新しいより致命的な形に変化したのか、又は放射汚 染がヒトデを弱めて時宜的なビールス又はバクテリアが猛毒効果を齎したのか?科学者たちは「原因が何なのか分かり ませんが 福島からの放射汚染ではあり得ません。」と言っています。何と呆れた言い分ではありませんか。もし原因 が分からないならば、原因でないことも分からないのでは。
過去 3 年間に何故カリフォルニア海岸沖でシャチの新生魚が 100%死に絶えたのでしょうか?カリフォルニア海岸での 海水中に 9 ベクレル/1 立方メートルの放射汚染が発見されました。これは福島からの放射性プルーンの先端であり、太 平洋全体を横切ったことになります。このレベルは何十年にも何世紀にも渡って上昇し続けて、食物連鎖を通じて濃縮 を増し捕食動物のトップにある鯨そして我々人間に影響を齎します。
プルトニウムとウラニウムは福島原発から 120 km離れた所で黒いほこりに中に見られ、これは 2011 年 3 月 15 日の原 子炉 3 の水素爆発によって運ばれたと言われています。プルトニウムは人工の金属で自然の中には存在しません。最も 致命的な最も有毒な最も発癌性のの物質として人に知られたいます。これが今は日本の山水にふんだんに撒き散らされ たわけです。しかし東電はこれを 3 年半以上に渡って否定してきました。東電と安部首相は必死になってこの悪いニュ ースを隠し続けましたが放射汚染を抑えることはしなかった。現在彼らは 400,000 トンの汚染水を太平洋に放出しよう としている。その理由は「汚染水があり過ぎるので。」
一方、元 WHO の放射能専門家のキース・ベイバーストックは広く引用されている UNSCEAR レポートが福島の放射汚 染からの健康への害は少ないと予告していることに異論をとなえた。彼はこのレポートは「科学的と云われる資格もな く、この委員会は解散されるべきだ。この委員会の委員たちは原発に付与する関心を持つ国々から指名されている。」 彼が UN の付属組織の WHO で仕事をしていた時に、IAEA から放射性汚染効果を過小評価するように常に圧力をかけら れた。その理由は IAEA こそが原子力を推進するように委任されていたからである。
25年間Hazmat ManagementMagazineの編集者を務めたガイ・クリッテンデンは引退の際にその最後の社説で、福島は チェルノビルよりも鼠算式により悲惨になると述べ、世界中で劣化する植物・作物が全体の滅亡を齎すと述べた。 最後の言葉をハイダー博士は言う:「戦争、疫病、飢饉、自然災害は「黙示の 4 人の騎手」として知られている。チェ ルノビル、福島の後で、原発事故はもう一人の騎手として追加され得る。」
我々は次のビデオを推薦します:- https://www.youtube.com/watch?v=9mn8XUxVq08. これは原子炉 4 の燃料棒ことを語って います。現在までにそのほとんどは除去されましたが。しかしその他の進行中の問題について述べています。何世紀も 続く問題として。
風力と太陽光は原子力よりも安全なのです。 毎日の再新情報のためには、以下にアクセスしてください。

Enenews.com, fukudiary- diary.com 又は no2nuclearpower.org.uk
Written by Kick Nuclear: stopnuclearpoweruk.net/groups/kicknuclear Translated by JAN-UK

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s