fukushima update 9, summer 2015

­How are things looking, 4 years after the triple meltdown at the Fukushima Daiichi nuclear power plant in Japan?

120,000 people remain evacuees. The government has just announced that in 2017 they will stop paying compensation to those people who were evacuated from contaminated zones with up to 50 mSv (millisieverts) per year of radiation, putting enormous pressure on them to return. To put this into perspective: the world limit for workers in the nuclear industry is 20 mSv a year, the ICRP (International Commission On Radiological Protection) limit for citizens is 1 mSv/year. Yet the Japanese government now declares 50 mSv/ year to be ‘safe’?!

UNSCEAR (United Nations Scientific Committee On The Effects of Atomic Radiation) studies repeatedly calculated radiation exposures by combining figures: by taking the exposure figures for residents of Fukushima prefecture and mixing them with those for the entire population of Japan, they were able to present insignificant cancer risk projections.

Dr Timothy Mousseau, Professor of Biological Sciences at University of Southern Carolina, who has been studying the wildlife around Fukushima has concluded: “Most organisms that we have examined showed significantly increased rates of genetic damage in direct proportion to the level of exposure … Many organisms showed increased rates of deformities, developmental deformities, developmental abnormalities, eye cataracts, and even tumours and cancers.” In April 2015 he said: “Now we see this really striking drop-off in numbers of birds as well as numbers of species of birds”.

A study by Nagoya City University and NPO Goshawk Protection Fund found that goshawks hatching rate around Fukushima reduced from 90% in 2011 to 67% in 2013. They found that 0.1 μSv/h increase in atmospheric dose reduces breeding success by 10%. Even when the level drops, the breeding success continues to decline. This adds to the experiment in which caterpillars were fed leaves from the Fukushima area which contained caesium. Abnormalities and deformities in the first generation, worse in the second generation. And the third generation? There was no third generation; they all died.

In Fukushima province, 92 out of 92 swallow’s nests that were tested contained caesium, in the mud the birds used to build them. The highest amount was 90,000 Bq/kilo. So the baby swallows nestled up in these nests will have received a hefty dose. Add this to the other doses they will have received from the insects fed to them and their future is not bright.

Over time, foods that are known to be contaminated are tested less and less often. Beef is tested in provinces far away from Fukushima, again and again, giving the impression that cases of contamination are becoming rarer. Consumption of the most highly contaminated foods, such as wild berries, wild mushrooms and wild game is warned against, but now these foods are no longer tested for contamination, so the overall percentage figures look better. Meanwhile, Taiwan has found contaminated food from Fukushima mislabelled – as not coming from Fukushima. So Taiwan has banned all food imports from Japan. Japan’s reaction is not to improve their own testing and labelling, but to file a WTO trade complaint, as they have already done to South Korea for restricting Japanese food imports. Japan only conducts spot checks on its food exports, routinely exporting untested food.

During demolition work on Fukushima unit 3, large volumes of contaminated dust blew off site. Only one on-site detection alarm went off, for a brief time. This was not immediately connected to the demolition work but assumed to been due to contaminated water. Months later TEPCO admitted the extent of the dust release after a research crew found increases in contaminated dust in Miyagi prefecture, 20 miles away, and contamination in rice grown there.

400 tons of radioactive water continue to flow into the Pacific each and every day, having come into contact with the melted fuel itself in the reactor’s basements. This mixture of water used to cool the fuel and groundwater passing through the buildings and the site, is currently the greatest source of contamination at Fukushima and plans to block it continue to fail. Tepco put a new layer of concrete over the floor of the port, but they didn’t say what they were trying to block by doing this. Any groundwater surfacing in the port will surely find another route. You can’t concrete over the floor of the whole Pacific.

The long-term effects of this are unknown, but the mass deaths of seals, starfish, grey whales (12 since April), anchovies, sardines and auklets off California are quite possibly related. Most marine scientists seem to be staring intently in the opposite direction; “we don’t know what it is but it can’t be Fukushima”.

70% of the Japanese population are now against using nuclear power. 1.2 million applications have been lodged for renewable energy projects, mostly solar. If all these projects go ahead, Japan could leave its nuclear power stations switched off. Solar power installations in Japan have jumped from 4.9 GW to 23 GW since 2011. But the Abe government and the electricity companies have moved to throttle this growth, preferring nuclear. They have slashed the price paid for electricity from solar – the ‘feed-in-tariff’, and declared that the grid can’t take any more new sources. This is easily to fix: build some more power lines! But the power companies own the grid, and have no incentive to let in independent producers, as they have invested heavily in nuclear. So the nuclear village drags Japan back into the most toxic, expensive and dangerous energy form ever built by the human race.

And throughout all this is the constant chant from the authorities, repeated endlessly like a mantra. “No immediate threat to human health”. No, no immediate threat that these levels will kill you in minutes, hours or weeks; things are (luckily) not that bad. Just cancers, heart disease, deformities, infertility starting to appear over a few decades, and spreading out over centuries. And that few decades delay is what this deadly power source/money spinner, the nuclear industry, has always hidden behind. They get the money, we get the cancer. Later.

To keep up to speed on developments, visit enenews.com or http://www.fukuleaks.org/web or http://www.fairewinds.org or No2nuclearpower.org.uk.

福島 最新情報 2015 年夏

福島第一原発での三重のメルトダウン後 4 年が経ちましたが、今はどうなっているのでしょうか?
未だに 120,000 人の人々が避難民です。しかし政府は放射能 50 ミリ・シーベルト(mSv)までの汚染ゾーンから避難し た人々への補償金を 2017 年には停止すると発表しました。と言う事は、避難した人々に大きな圧力を強いることになり ます。世界中の原子力関連の産業で働く作業者の制限は年間 20 mSv であり、ICRP(International Commission On Radiological Protection)(放射線防御に関する国際委員会)は市民は年間 1mSv/年が限界としていますが、今、日本政府
は 50mSV で安全だと宣言しています?
UNSCEAR(United Nations Scientific Committee On The Effect of Atomic Radiation) (原子放射能の影響に関する国連科学委員 会)は繰り返し算定された放射能被曝を調査し福島県の住民の被曝数値を取り上げ日本の総人口の被曝数値と対比するこ とで、重要な癌のリスク予測を提示できた。 南キャロライナ大学の生物科学の教授であるチモシー・モッスユ博士は福島近辺の野生の生物の調査をして以下の結論 を出している。「調査されたほとんどの生物は被曝レベルに直接比例して遺伝的ダメージの明らかな増加を示している。 多くの生物は変形、発育変形、成長異常、目の白内障そして腫瘍、癌などを示している。」2015 年 4 月に彼はこう述べ た。「現在我々は鳥種人口ばかりか鳥類の数の激減を見ている。」
名古屋市大学と NPO オオタカ保護基金の研究は福島近辺のオオタカ孵化率が 2011 年の 90%から 2013 年には 67%に減 っていりことを示している。更に空中の分量の 0.1μSv/h の増加が孵化成功率を 10%減らすことを発見した。放射能レベ ルが低下しても、孵化成功率は減少を続けた。福島地域のセシウムに汚染された葉で養育された毛虫の実験も追加され た。第一世代での異常、変形は第二世代でさらに悪化し、第三世代は?第三世代は存在せず、全てが死んでしまった。 福島県では 92 個のツバメの巣のテストで 92 の巣が作られた土の中からセシウムが検出された。最高レベルは 90,000Bq/kilo。従って、これらの巣で養育された子ツバメは相当の分量を受けたことになる。これに与えられた昆虫類 からの被曝量を加えると、子ツバメの将来は暗い。 汚染されたと分かっている食物のテスト頻度は減り続けている。福島から離れた県で検査された蜂が、何度も何度も、 汚染のケースが稀になっているという印象を与える。最も汚染されている野生イチゴ類、野生茸、野鳥など最も汚染さ れた食品の消費は避けるように警告されているが、これらの食品は既に汚染検査もされておらず、従って、全般の%数 値は良くなっているように見える。台湾では福島からの汚染食品が見つかったが、これらは福島以外の場所からのよう に誤ラベルが貼られていた。従って、台湾は日本からの全食品の輸入を禁止した。日本の反応は日本の検査とラベル付 けを改善することでなく、WTO(世界貿易機構)に苦情を提出することであった。すでに日本は韓国の日本食品輸入制 限に関して同じ対応をした。日本はその食品輸出のスポット・チェックをするだけで、慣例的に未検査食品の輸出をし ているのだ。 福島原発の第三基原子炉の建屋解体中に大量の汚染埃が短時間に現場から吹き飛ばされた。これは直ちに解体作業には 関係ないとされたが汚染水によるものと想定された。何ヶ月も後になって東電は、その調査チームが 20 マイル離れた宮 城県で汚染埃を発見し、そこで育った米が汚染されたことを見つけた。
毎日 400 トンの放射性を有する水が太平洋に流出され続けている。原子炉の底で溶解燃料と接した水である。燃料を冷 却するために使用された水と建屋と現場の下に流れる地下水が混ざって、現在福島での汚染の最大原因となっている。 これを止めようとする東電の計画は失敗を続けている。東電は港の床上にコンクリートを重ねようとした。これによっ て何をブロックしようとしているのか云わない。港に流れ出る地下水は確実に異なった流出口を見つける。太平洋全体 の床をコンクリートで覆うことは出来ない。 この長期的影響は未知である。しかし、カリフォルニア沖でのアザラシ、ヒトデ、灰色鯨(四月以後 12 頭)アンチョビ ー、イワシ、ウミスズメなどの大量死は関連している可能性がある。ほとんどの海洋科学者は意図的に反対の方向を見 ているようだ。「何であるのか分からないが、福島が原因では在り得ない。」と。
日本人口の 70%は現在原発使用に反対である。12000 件の再生可能エネルギー(そのほとんどが太陽熱)プロジェクト が申請されている。もし、これらのプロジェクトが全て実施されれば、日本は原発を止めることが出来る。日本での太 陽熱パネル設置は 2011 年以降 4.9GW から 23GW へと飛躍した。安倍政府と電力会社はこの成長を抑圧し、原発を再稼 動させようとしている。太陽熱からの電力に支払われる価格―Feed-in-tariff-を切り下げ、新しい電源からはグリッドは電 気を取り入れられないと宣言までした。しかし、これは簡単に解決できる。電力ラインをもっと設置することだ。しか し、電力会社はグリッドを所有しており、独立の電力生産者を取り入れる誘引がない。原子力に多大だ投資をしている からである。ということは、原発村は人類によって作り出された最も毒性の高価な危険なエネルギーへと日本を引き戻 そうとしていることになる。 そして、この状況の中で、政府は祈祷のように「人間の健康には当面のところ脅威ではない」と繰り返し言い続けてい る。否、当面のところ脅威ないとは、これらのレベルの汚染は数分、数時間、又は数週間であなたを殺してしまうこと にはならない。(幸運にも)それほど悪くはない。ただ癌、心臓病、変形、不妊症などがこれから 20
30 年の間に発生し始め、何世紀に渡って広がり続ける。そして、この 20
30 年の遅れがこの危険な電源・よく儲かる事業、核産業が常に隠れ蓑として使ってきたものである。彼らは金を得て、 我々は癌に罹る。後になって。
この分野の発展・展開スピードに合わせるためには

Enenews.com 又は 又は http://www.fairewind.org 又は No2nuclear.org.uk を訪れて下さい。

Written by Kick Nuclear, London.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s