fukushima update 2, Spring 2013

As we pass by the 2nd anniversary of the March, 2011 Fukushima nuclear disaster, here is our 2nd update, written in.

February 2013, from London’s ‘in front of the japanese embassy every Friday’ posse. (9am till 1pm.)
The three melted-down nuclear reactors on Japan’s Pacific Ocean coast sit slumped down in and under their metal bottles, like 3 angry little dragon’s eggs, dribbling and belching their poisonous slime and vapours. Occasionally, it seems, they stir restlessly, re-starting fission. (They keep detecting Xenon 135, which has a half life of 5 days so shouldn’t be around 2 years later.) They continue to release 10 million becquerel per hour of Caesium 134/137, mostly as vapour/steam. We continue to absorb, Tepco and politicians continue to collect their salaries, saying sorry from time to time.

They caught a fish (murasoi, or rockfish) in the reactor’s harbour with contamination of 254,000 bqs/kg. The official safe limit is 100 bqs/kg, so quarter of a million is not good. Their proposed solution is to put a net around the harbour and to kill all the fish inside the harbour to prevent them swimming out and being eaten by other fish, thus contaminating them too. Good luck to Tepco with that, and with preventing any fish escaping from their tender efforts to protect us better. Fish caught 200kms south (Choshi) were found to be over the limit. The soil from a river bed in Fukushima city, 80kms from the plant, was shown to have contamination of 430,000 bqs/kg. They tried to again measure the fish (smelt) in an inland lake 200 kms away, Haruna, but couldn’t find any to measure. They have all ‘disappeared’. I wonder why?

They drilled into the torus of Unit 2, (the big donut around the reactor base. Part of the ‘containment’.) They tried to insert a camera but found the way obstructed by pipes and grates installed after construction. Aren’t there any updated blueprints? Yes, but they are inaccessible, stored in a part of the building now too radioactive to enter, as no one thought there could be an accident in the building one day.. They’ll drill another hole and hope to be luckier.

The newly-elected conservative government in Japan tries to push ahead with the nuclear industry. They are pushing ahead with the nuclear waste reprocessing plant at Rokkasho, even though it is 15 years behind schedule and has cost $29 billion so far. But if they admit that the plant doesn’t work, they would have to return the 3 thousand tons of waste already sent there, and there is no room back at the plants that created the waste as their spent fuel pools are already mostly full. And many of the local areas containing these plants would refuse to accept the waste back. And Rokkasho local area government only accepted the waste on the condition that it would be reprocessed and then stored in a safe geological site, yet they have had to admit there is no safe geological site in an earthquake zone country like Japan. Best not to have built nuke stations there in the first place. Now they find that Rokkasho has an active fault under it that could produce an earthquake up to magnitude 8 at any moment. Hmm, what to do with the waste if they close the Rokkasho complex??? Maybe easier to just ignore the active fault? We’ll see what they decide is best for us. Meanwhile, worldwide the stack of deadly waste fuel rises by 12,000 tons a year.

It is strange that a country with so much respect for its ancestors can show so little respect for its descendants, or future generations, by leaving thousands of tons of lethal waste that they must guard for thousands of years, so that this generation can line its corridors with vending machines, or run air conditioning instead of dressing cooler and less formally, or light up the sky with advertising.

After a year and a half of prodding, Tepco deigned to release video recordings from the first few days, but they also added 1665 bleeps, blacked the screen 29 times and hid 99.3% of it from the public; journalists could watch it once and write notes. This editing for the people cost 400,000 dollars US. Apparently to save the company face or something.. So they spend our money to edit out the truth in the little that they tell us…

And they dropped a 1 1⁄2 ton mast into spent fuel pool number 3, and announced it had vanished from the before/after photos and ‘may have fallen into the pool’. At the same time, you could watch a video of it on youtube, falling into the pool. ‘May have’… Thats the level Tepco are working on. Evasive half-truths. Cold shutdown indeed..

In our December 2012 update we spoke of the problems with on-site storage of the semi-filtered water from the reactor basements. The tanks contain 240,000 tons, increasing at 400 tons a day, and are nearly full. Solution? Tepco announced last month they would pour it into the ocean, after filtering it some more. ‘Can’t get the strontium out, or the tritium’, they said.. So sorry. The plan is to dilute it before throwing it into the Pacific. Dilute it with water so its below the legal limit. Guess we’ll soon hear what the local fisherfolk think of that. They had a 20 ton leak from the filter system last week. But they say its OK, as it didn’t go into ocean, just into gravel, ‘as there was no ditch leading to the ocean’. So that’s all right. As long as it doesn’t rain one day. If it does, Tepco could say it was unforeseen…

Meanwhile, the French were pretty quick to charge into Mali, weren’t they? Turns out they get their uranium from mines next door, in Chad, and Mali has more reserves of uranium, which France needs for its 58 nuclear reactors. Makes you go ‘hmmm’..

A good video summary of the whole meltdown process can be found here: https://www.youtube.com/watch? feature=player_detailpage&v=JMaEjEWL6PU#t=325s. And an interview with a guy from Uni. Of Missouri http://enenews.com/scientist-discusses-fukushima-disaster-during-highly-informative-interview-audio.

Yesterday Tepco said about the cleanup ‘Many unexpected situations are expected. Flexible program management will be necessary.’ Got that right.

For more info, try http://enenews.com/, http://www.simplyinfo.org/ or http://enformable.com/. In the UK, http://southwestagainstnuclear.wordpress.com/.

And no new nukes in the UK, please. If they have a bad day they wreck your country.

Kick Nuclear http://www.kicknuclear.org Japanese Against Nuclear http://januk.org

福島 最新情報 2013年 春

2011年3月の福島原発の災難から2年目を迎えました。ここで2013年2月に書かれた最新情報に続く第2弾を、毎週 金曜日、ロンドンの日本大使館前アクション・チームよりお届けします。(午前9時―午後1時の抗議デモ) 日本の太平洋沿岸に位置するメルトダウンを起こした3基の原発は破壊されたままで残され、メタルの残骸の中に封じこめら れています。それはあたかも怒る小さな恐竜の卵のようにも見え、有毒な粘液と蒸発気体を吐き続けています。時々少しも休 むことなく揺れ動き分裂を再開するように見えます。(キセノン135は継続的に検出されていますが、その半減期は5日間 であり、従って、2年後には検出されません)。しかし、これらの原発は1000万ベクレル/毎時間のセシウム134/1 37を蒸気・スチームとして放出し続けています。そして私たちは吸収し続けています。東電社員も政治家たちも依然として サラリーを手中に収め、時々思い出したように「すみません。申し訳ありません。」というだけです。 福島原発のある港で獲れた魚(岩魚)は254,000ベクレル/kgの汚染を受けていました。公式の安全限界レベルは1 00ベクレル/毎時とすると、25万ベクレルはとんでもない数値です。これに対して提案された解決策は湾の周囲にネット を張り巡らし湾内の魚を全て殺し、湾の外に逃れでないようにすれば、他の魚類によって食べられるのを防ぎ汚染も防げると いうものです。東電はこのような頼りない方法によって、湾内の魚が逃げ出さないようにして我々の安全を守れると言うので しょうか?200km南(銚子)で採られた魚さえも安全限界を超えているのです。原発から80km離れた福島市の川底の 土壌からも430,000ベクレル/kgの汚染が出ているのです。東電はまた200km離れた内陸湖の榛名湖で魚(キウ リ魚)の測定をしました。しかしこれは測定不可能と言われています。全ての魚が消えてしまったのか?何故? 東電は第2基のトーラスに穴を開け、カメラを挿入しようとしましたが建設後に設置されたパイプや格子によって妨げられて しまいました。彼らは最新のブループリントを持っているのでしょうか。確かにそれはあるようですが、放射性のレベルが建 物の一部では高すぎて中に入ることも出来ないのです。何時かは原子炉の中で事故が起こり得るとは誰も思わなかったのか。 東電は別の箇所から又穴を掘るつもりですが。 新しく選ばれた日本の保守党政府は原子力事業を進める決意をしています。彼らは六ヶ所にある核廃棄物再処理原子炉を推進 しようとしています。これは既に計画より15年間も遅れ、今までに29億ドルのコストがかかっています。でももしこの原 発廃棄物再処理は稼動できないと認めれば、そこに既に出荷されている3000トンの廃棄物を返送しなければならず、更に この廃棄物を作った原発ではこれを受け取る余裕もなく既に満杯の状態である。それにこれらの原発のある地方地域の多くで は廃棄物を引き取ることを拒否している。六ヶ所地方自治体は廃棄物が再処理されてから地質的に安全な場所に保管されると 言う条件で合意したもので、これも日本のような地震帯においては地質的に安全な場所などは在り得ないということを認めざ るを得なかった。初めから原発などを造らなければ良かったのである。今になって当事者たちは六ヶ所原発はその下が活発な 地震帯でありマグニチュード8までの地震が何時起きてもおかしくないということがわかった。ふーん。もし六箇所原発施設 が閉鎖となったらこの廃棄物をどうするのだろうか。たぶん活発な地震帯を無視するほうが簡単だろうか。我々のために関係 者がどのような決定を下すのか見極めよう。一方、世界中で廃棄燃料の量は12,000/年の量に増加している。 先祖に対して多大な尊敬の念を持つこの国がその子孫または未来の世代に対して少しも尊敬の念を持たないことは奇妙なこと である。何千年にも渡って何千トンもの致死的廃棄物を残すことで人々は用心しなければならず、そしてこの世代は自動販売 機のある廊下に行列し、薄着で、よりカジュアルに着るかわりに空調設備を使い、広告で空を照らす。 一年半の暗示の後で東電は事故後の最初の2-3日の録画をやっと公開した。しかし東電は1665回高音を追加し29回画 面を暗くし、その99.3%を大衆の目から隠した。ジャーナリストは一回だけ見て、書き留めることが出来た。この大衆の ための編集に40万ドルのコストが掛かった。明らかに会社の顔をたてるために。東電は我々により少しの真実を伝える編集 のために我々の金を使った。東電は、1.5トンのマストを第三使用済み燃料プールの中に落とした。そして前後の写真から 消えたと発表し、「プールの中に落下したかもしれない」と言った。「・・かもしれない」。。。このレベルで東電は仕事を しているのか。言い逃れの半分の真実。コールド・シャットダウン。 12月の最新情報の中で、原子炉地下室からの半分ろ過された水の現場保管の問題について話した。これらのタンクは24万 トンの水を入れる容量があるがkれが一日400トンの割合で増加する。そして既に満杯に近い、解決は?東電はこの水をも う少しろ過してから海に放出すると先月に発表した。「ストロンチウムもトリチウムも除去できない」と言い、どうも申し訳 ありませんと言った。計画としては、これらを希釈して太平洋に流し込む。希釈して法規の限界以下にする。間もなくして、 地元の漁民たちからどんなことを聞くことになるか。東電は先週ろ過装置から20トンの水漏れをした。しかし彼らは「海に は漏れなっかった、砂利の中に漏れたので大丈夫だ。海に向かって溝は作られていない」。そですか、大丈夫なのですか。あ めが振らない限り。雨が降れば、東電はこれは予期できないことでしたとでも言うのか。 一方フランスはマリへと早々に進出しました。明らかなことは、フランスは隣国のチャドからウラニウムを入手するとか。そ してマリにはそれ以上のウラニウムの埋蔵量があるとか。フランスはこれらのウラニウムを58基の原子炉のために必要とし ている。ふうんと言わざるを得ない。

メルトダウンの全工程のビデオの纏めがここで見れます。 http://www.youtube.com/watch?feature=playerdetailpage&v=JMajEWL6PU#t=325s

それと ミズウリ大学のある男性とのインタービューを見て下さい。 http://enenews.com/scientist-discusses-fukushima-disaster-during-highly-informative-intervie-audio

昨日東電はクリーンアップについて「たくさんの予想できない状況が予想されます。柔軟なプログラム管理が必要となりま す。」と述べた。これは正しい言い分です。追加情報としてはhttp://enenews.com/, http://www.simplyinfo.org/, http://enformable.com/ を見て下さい。

英国では http://southwestagainstnuclear.wordpress.com/

英国で原爆、原発は要りません。一つの間違いが祖国を滅ぼしてしまいます。

Kick Nuclear http://www.kicknuclear.org JAN http://www.facebook.com/JapaneseAgainstNuclearUK

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s