fukushima update 6, Spring 2014

Fukushima Update Spring 2014

Three years after the Japanese earthquake triggered three meltdowns of the nuclear power stations at Fukushima, the plants continue to pour 400 tons of poisoned, heavily radioactive water into the Pacific Ocean every day. As they have every single day for three years. Scientists had been expressing surprise that the level of contamination in sea-life was not decreasing after 3 years; it is because the radiation is being constantly renewed. The water is coming from both the water poured into the reactors to cool the melted fuel, which is splattered around and under the broken reactors, (4 tons an hour for reactor 3, for example), and from the groundwater that continues to leak into the buildings, mix with radioactive fuel, and then leak back out and into the sea.

And the plant continues to have trouble with the 520,000 tons of poisoned water they are storing on site. Another 100 tons was leaked last week. An alarm on one of the hastily riveted-together 100 ton tanks went off, at 14.01 hours on 19 Feb, indicating too high a water level. The Tepco employees went to check, but as no transfer into this tank was scheduled, they decided it must be a false alarm, and did nothing. The water started to overflow from the top of the tank, flowing into a rainwater gutter and on to the ground outside the concrete dam around each tank. A worker noticed the leak at 11.25pm, 9 hours later, and they stopped it at 5.40am next day. The 100 tons has a radiation level of 230,000,000 bq/litre all-beta. About half of all-beta is strontium 90, a known cause of cancer that deposits in your bones. ‘It didn’t leak into the sea’, said Tepco. No, it went into the ground, thus the groundwater, then will go into the sea in a few years time. If water continues to flow downhill.. And these tanks’ water emits lots of beta radiation, which is becoming a deadly problem to the workers on site as the beta particles (electrons) emit X-rays when they hit the metal of the tank walls.

This Japanese culture of saving face, (‘we have everything under control, please do not worry’) has costs to the health of the human race of an unknown size and a permanent duration. As well as the all-beta radiation measured above, the waste water released contained all the other deadly elements, Cobalt 60, Manganese 54, Antimony 125, etc. So Plutonium and the other 1⁄4 million year isotopes will be in there, it’s just that Tepco doesn’t test for them. Would cost too much, they say. Now the Japanese Prime Minister is lying by claiming that the poisoned water ‘is completely contained within the port’, when studies have shown beyond doubt that 44% of the water in the port is exchanged with sea water every day.

Why these lies? The whole of Japan has been contaminated to a greater or lesser degree. The government’s role should be to accurately describe the dangers so that the population can avoid the dangers. Instead the government thinks only of the financial cost of admitting the problem, ($500 billion for a clean-up of doubtful effectiveness, no restart for the other 48 nuclear plants in Japan, an upset of the nuclear village of businessmen and bureaucrats), so it lies and hopes the problem will go away. It won’t. They are making no progress on stopping the 400 tons a day that flows through the plant into the sea. Their ice-wall is a maybe, is untested technology, 2 years into the future. Tepco announced recently that they are stopping the building of the underground wall between the plant and the sea, as ‘other tasks are more important’, (and it wasn’t working anyway). And the Ministry of Education in Japan just released an updated pamphlet on the dangers of radiation, talking of the impact of harmful rumours about the disaster on the farming and tourism industry. Harmful rumours such as that the situation is not perfectly safe and under control. And there is a new, draconian piece of legislation promising ten years jail for journalists who talk about what the government doesn’t want discussed.

Japan seems to be setting itself up to be resented by the whole human race for the rest of eternity for permanently poisoning the genetic basis of life on planet earth. If ‘the Japanese people’ don’t want this, they should get angry, inform themselves, and admit to and deal with the problem. The Russians mobilised 600,000 military to deal with their radioactive catastrophe; the Japanese have left a dishonest electricity distribution company in charge of the crime scene, of the scene of their crime. This company, Tepco, is rounding up the homeless from the railway stations to use to replace the trained workers now over their exposure limits, giving them zero training and a radiation suit, and getting them to try to fix this shattered plant and trying to sweep the plutonium etc. under the mat. They have 520,000 tons of deadly water in shoddy tanks, 3 non-working filter systems, a stream of errors and leaks, and a bagful of ‘sorry’ ready for the inevitable dumping of this water into our Pacific Ocean, or collapse of these tanks in the next medium earthquake. Now 81 U.S. Sailors from the ‘Ronald Reagan’ are suing, after their ship hit ‘a warm wind, which left a metallic taste’ 2 miles off Fukushima when it blew up. They are suffering leukemia, thyroid cancers, sores all over the body, bleeding from the anus, testicular cancer, brain tumours, blindness, paralysis. The sort of things the japanese government is working to distribute to the whole population of Japan.

The best defence is to inform yourself, and we recommend enenews.com, http://www.fukuleaks.org/web/ and fukushima-diary.com for daily, honest updates of Fukushima’s condition.

2014 年 春 福島第一原発 最新情報

日本での地震がきっかけとなって、福島第一原発で三基の原子炉のメルトダウンが発生してから三年が過ぎた 今も、この原発からは毎日 400 トンの汚染された放射性の水が太平洋に流出し続けています。この三年間の毎 日にです。科学者達は海洋生命への汚染のレベルが3年後に減少していないことに驚いています。これは汚染 自体が経常的に更新されてきたからです。この水は溶解した燃料を冷やすために炉内に注ぎ込まれる水( こ の水は破壊された炉の周囲やその下に振り撒かれますが、例えば第三炉には 3 トン・毎時の量)と原発建屋の 中に漏れこむ地下水からと両方が放射性の燃料と混ざり合い、炉から漏れ出し海に流れ込んでいます。 更に、この原発は敷地内の保管している 520,000 トンの毒性の水でトラブルを出し続けています。先週も 100 ト ンの水が漏れ出しました。2月19日14時01分に性急にリベットで留められた 100 トンのタンクの一つ警 報が作動し水面レベルが高すぎることを警告しました。東電従業員がチェックに出向きましたが、このタンク への水の移送は予定されていなかった故、これを誤報と判断し何もしませんでした。水がタンクの上部から溢 れ出し、雨水の排水溝に流れ込みそれぞれのタンクの周囲のコンクリート・ダムの外側の地面に流れ出しまし た。作業員が9時間後の23時25分にこれに気づき、翌日の5時40分に流失をストップしました。100 ト ンの水は 230,000,000bq/litre all-

beta の放射性レベルを有しています。All-beta の半分はストロンチウム 90 であり、あなたの骨に残留し癌の原 因となることが知られています。東電は「海には漏れていません」と言っています。 しかし、この水は地下に浸み込み地下水となり 2-3 年の間に海に流れ込みます。もし水が下方に流れ、これら のタンクの水が多量のベータ・放射物を放出し、これがこの現場での作業員には致死的な問題となります。ベ ータ分子(エレクトローン)はタンクの壁のメタルにぶつかりX線を放出するからです。 面子を保つという日本文化(「全てはコントロールされていますので、心配しないで下さい」)が未知の大き さで永久的期間に渡って、人類の健康に損害をもたらします。上記の測定済みオール・ベータ放射線に加えて、 放出された排水はその他の全ての致死的な要素、コバルト 60、マンガン 54、アンチモニー 125 などを含んでい ます。従って、プ

ルトニウム、その他 25 万年も残留するアイソトープを含んでいます。東電はこれら全てを検査しないのです。 お金が掛かり過ぎると東電は言います。今日本の首相は、毒性の水は完全に港の中に閉じ込められていると主 張し嘘をついています。しかし、幾つかの研究によると港内の水の 44%は毎日海水と入れ替わっているのは疑 いの余地もありません。何故このような嘘をつくのでしょうか?日本全体が大小の差があれ汚染されているの です。政府の役割は危険度を正確に表示することで、国民が危険をさけることが出来るように仕向けることで す。その代わりに、政府はこの問題を認める財政的コストのみを考え、(疑わしい効果を持つ除染、日本での 残り 48 基の原発の再稼動、ビジネス・マンや官僚からなる原子力村の混乱のために 5,000 億ドル)、嘘をつき、 問題が無くなるのを望んでいるのです。そうにはなりません。この原発から毎日 400 トンが原発から海に流出 しているのをストップするのに何の進展も見えていません。氷壁はたぶん可能としても、これはテストされた ことのない技術です。それも 2 年さきのこと。東電の最近の発表によると、原発と海との間に地下壁を築くこ とを停止するということです。他の仕事がより重要であるため。(この地下壁はとにかく効果がない)。そし て日本の文部省は放射能の危険性に関するリーフレットを更新して、農業、観光業に与える有害な風評の影響 を述べています。状況が完全に安全でコントロールされているという有害な風評。そして政府が議論したくな いことを話すジャーナリストには 10 年の投獄を課すという過酷な法律を新たに設けたのです。 日本は、この地球上の生命の遺伝の基礎を永久に毒することで、残された永遠の期間に渡って全人類から恨み を持たれるような立場に追い込んでいるように見えます。もし日本人がこれを望まないのであれば、彼らは怒 るべきです。彼らは情報を集め、この問題に対処すべきです。ロシア人は彼らの放射能の悲劇に対処するため に 6000 人の軍人を稼 動しました。日本人はこの犯罪現場の責任者として不正直な電力供給会社を当てました。この会社、東電は被 曝の限界を超えた熟練作業員を置き換えるために鉄道の駅などからホームレスの人々をかき集め、これらの臨 時作業員に訓練ゼロで放射能予防服を与え、この破壊されたプラントを修理させマットの下のプルトニウムな どを除去しようと

しています。かれらは 520,000 トンの危険な汚染水をちゃちなタンクに保管し、3 基の非稼動のフィルター・シ ステムを持ち、次から次へとエラーや水漏れを齎し、結局「すみません」と言いながら、太平洋に汚染水を捨 てているわけです。この次の中程度の地震でこれらのタンクは壊れてしまうでしょう。現在 81 名の「ロナルド ・レーガン戦艦」に乗っていたアメリカ水兵が、日本国を提訴しています。福島第一原発が爆発した時、福島 沖 2 マイルの海上でこの戦艦は暖風に見舞われ、金属製の味を残したとしています。彼らは今、白血病、甲状 腺ガン、体中の痛み、肛門からの出血、睾丸ガン、脳腫瘍、失明、麻痺などを病んでいます。このような状況 を日本政府は日本の全人口に広めようとしているのです。 最良の防御はあなた自身が情報を知ることです。我々は以下のリンクを推薦します。

Enenews.com, www,fukuleaks.org/web/ , fukushima-diary.com

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s