fukushima update 5, Winter 2013-2014

This winter the Japanese are starting to transfer the deadly spent fuel rods from reactor number four in Fukushima. They have 1553 bundles of rods to move, each with 63 rods. At time of writing, they have done 44 bundles, in the first week. It’ll take over a year to complete, if it goes well. We just have to hope/pray that no earthquake happens as they draw the rod bundles out of their racks, that no rods turn out to be bent, to jam, to be cracked, to fall apart as they are pulled up. And if something ‘unfortunate’ does happen, it is quite likely to lead to Tokyo having to be abandoned, and a few million extra cancer cases around the world. But that’s the risk we take with nuclear power.

And where would Tokyo’s citizens go, if they had to leave. Japan quite annoyed the other countries in the region in the period 1937 to 1945, so they are not likely to be welcomed with open arms in countries like China, Korea, Philippines or Australia. Especially as it is the lies and inaction of the last 3 years that has led to this.

China pointed out the other day that the Pacific Ocean is in fact the property of the whole human race, not just of Japan, and as such Japan can not just pour what they want into it. The only line of defence for this action seems to be ‘The Pacific is quite big, so it’s OK’. No, its not OK. It’s big, but that’s yer lot. There is only one, and once polluted, we humans wallow in that genetically modifying filth for all eternity.

As the world gazes, open-mouthed, at the spent fuel pool number four, the rest of the plant is hardly improving. A new record high level of contamination was found in the groundwater drawn from between reactor number two and the sea; 1,100,000,000 Becquerel/m3. It had risen 120% in the previous 3 days. That is a lot of lethal zeros.. So three years into the catastrophe, radioactivity under and around the plant is still growing, is still setting new records. Remember last update Tepco finally admitted that the water in these test holes rises and falls with the tide; in other words it is flowing straight out into the sea. And they are to give up attempts to pump up and filter this water, as they ‘have run out of tanks’. The rising, radioactive ground water is causing the ‘air-dose’, the radiation absorbed just by being there, to rise, so to solve this the workers stand on little stands and put lead plates on the ground. The rising contamination means the workers quickly hit their annual or lifetime dose of radiation, so Tepco is running out of experienced workers. ‘It’s all amateurs and Yakuza mafia in there’ said one worker. In trouble with the mafia over a gambling debt or something? They’ll pack you off to Fukushima and keep your wages. No health insurance, no training or accurate information, often no radiation meters, and kicked out when over the limit. Meanwhile, 400 tons of radioactive water a day continues to flow into the Pacific.

3 Japanese ex-Prime Ministers have become anti-nuclear campaigners. (Kan, PM during the Fukushima meltdowns, Koizumi and Hosokawa). ‘It would be a crime against future generations for our generation to restart nuclear plants without resolving this issue’ (of disposal of the waste produced) said Hosokawa.

The current Japanese Prime Minister, Abe, told the Olympic committee that ‘the contamination from Fukushima is contained in the port.’ A study released the week before found that 47% of the port’s water was exchanged with sea water every day. In other words, the Prime Minister deliberately lied. Furthermore, he said Tokyo was completely clean, unaffected. It came out today that parts of Tokyo (Toride City) will have to be decontaminated, as they are over the safety limit.

And the plume of radioactive water is now approaching California. The US government has constantly played down Fukushima, has even stopped analysing the seafood for radiation, ‘as low levels are predicted’. Because the US has 100 nuclear power plants of its own, a third of them the same design as Fukushima and all of them stuffed to the gills with 40 years worth of deadly used fuel rods, and they therefore don’t want anyone thinking nukes are not safe. Yet something is happening to the sea life on its west coast. Starfish are ‘melting’, their arms falling off and crawling away. Hmm. The sardines off Canada have disappeared this year. Whales are appearing in places where they have not been seen in such numbers ‘in our lifetime’. 28% of the polar bears tested in Alaska had hair loss, lesions, inflamed and crusting skin. As with seals and walruses. 30% of the adult female musk ox died in NW Alaska this year. Maybe it’s a new pathogen or 3, but then maybe new pathogens/bacteria got in because of weakened immunity. Caused by Fukushima. The majority of the scientists seem to discount that possibility, so therefore don’t need to test for radioactivity. Hmm…

What really worries us is the lack of backup plans. They have two filter systems for the filthy water, Sarry and Alps, both currently closed due to leaking and rusted tanks, cracked pipes etc. And they are running out of storage tanks. So what options are left? Chuck all the water in the Pacific? Is that what they are deliberately manoeuvring towards? Wear us out with 300 tons leaking here, 400 tons there, and then say ‘So sorry’ and chuck the lot? And the ice wall to ‘prevent further leakage’; is that the only option now, so when that is built (in 2 years) and doesn’t work, it’s again ‘So sorry’ and then bureaucrats throwing up their hands in mock despair and dumping away? With Tepco kept afloat by the Japanese state as scapegoat?

Japanese culture is famous for being polite. You can see why; lots of them, on a small set of islands. Yet I personally can not understand why the Japanese people are straining to remain polite, as a bunch of criminals shove poison down their throats, and lie to them about it. Maybe when they finally get angry, they are going to get very angry. They should…

And Japanese culture seems to revolve around saving face. Keeping the respect of those around you. Fine. But we’re not talking about saving face, we’re talking here about saving the Pacific. Fukushima will be with us, leaking, for decades, and Japan risks being known for all eternity as the land of the rising red radioactive stain, who permanently altered the genetic basis of life on this planet just to keep their air-conditioning running. Not good.

The best defence is to inform yourself.

We recommend enenews.com, fukushima-diary.com or ex-skf.blogspot.co.uk for daily fair and accurate reports.

福島最新情報・冬 2013/14
この冬、日本では福島の第一原子力発電の 4 号機から致命的な状態であ使用済み核燃料棒の取り出しを始めています。

総数 1553 使用済み燃料がそれぞれ 63 ロッドあります。執筆時点では最初の週に燃料 44 本を引き上げました。何も問題 がなければ、今後約 1 年をかけてこの行程が行われます。我々は、燃料棒の束を引き上げる作業では棒が曲がっていた り、挟まったり、破損をしたり、落下させたりせぬよう地震が起きないよう望む・祈るしかありません。 もし「不運な」ことが起こってしまう場合には東京を放棄しなければならなく、世界中の数百万人の癌患者が増える可 能性に繋がります。これらが原子力発電が我々に冒す危険なのです。また、もし彼らが去らなければならなければ、東 京都民はどこへ行くのでしょう。日本は 1937~1945 の間、周辺の他国を悩ませました。従って中国、朝鮮、フィリピン、 オーストラリアなどの国には両手を広げて迎え入れてくれそうにありません。過去 3 年近くに及ぶ嘘や怠惰の結果がこ れに繋がっています。 先日中国は、太平洋が日本だけのものではなく実際には全人類の財産であり、何でも海へ投げ入れていいというのでは ないと日本へ指摘しました。この行動に対する唯一の弁護は『太平洋はとても大きいので大丈夫です』。いいえ、大丈 夫ではありません。それはたった一つだけで、一度汚染されてしまえば人間は永遠にその不潔の中で溺れることになる のです。

世界が注視し、(驚きで)口を開いたのは使用済み燃料プールの 4 号機で、他の原子炉は殆ど改善されません。11 億ベ クレル/m3 という過去最高レベルの汚染が 2 号機と海の間から引かれた地下水で見つかりました。それは 3 日間で 120% も上昇していました。致命的な数値です。この 3 年にも及ぶ大惨事で原子炉下、その付近では放射能が増え続け、その 記録が塗り替え続けています。前回の更新で言及しましたが、東京電力はテストの穴にある水が潮の上・下昇と関連す るとようやく認めました。言い換えればそれは海へ直接流れ込んでいるということです。そして”タンクが不足した”の で、この水を汲み出してこの水をろ過する試みを放棄します。増加する放射性の地下汚染水はそこにあるだけで”空中線 量”を上昇させる要因となり、それを解決する為に労働者は小さなスタンドの上に立ち、地面に鉛板を置きました。汚染 が増加することは労働者が一生涯に受ける被爆線量の限度が早くなることを意味します。この為に東京電力は経験のあ る労働者の不足が問題となっています。”そこには素人とヤクザだけ”と一人の作業員が言いました。賭博の負債や何か マフィアに関するトラブルで?彼らはあなたを福島へ送り出して、あなたの賃金を保守するでしょう。健康保険やトレ ーニングはなく、放射能に関しての正確な情報もなし、放射線測定器もありません。そして被爆線量を超えたら追い出 されました。一方、一日あたり 400 トンの放射能汚染水が太平洋に流入し続けています。

日本の前首相 3 人は反核活動家となりました。(菅・福島災害が起きたときの首相、小泉と細川)「私たちの世代がこ の問題を解決せずに、原子力発電所を再開することは将来世代に対して罪である」(廃棄物の処分の生産)と細川は言 いました。 現在の日本の総理大臣、安倍は『福島からの汚染は港内にあります』とオリンピック委員会に語りました。その週の前 には港内にある 47%の水が毎日海に流出しているという調査が発表されました。言い換えると首相は故意に嘘をついた のです。さらにまた、東京はクリーンで影響を受けていないと言いました。そして今日、関東にある取手市は安全基準 を超えた為、汚染を除去しなければならなくなりました。 そして放射能汚染水のプルームはカリフォルニアに接近しています。米国政府は福島の事故を常に軽視し、”低レベルが 予想される”として魚介類の分析するのさえ止めました。何故ならば米国は独自に 100 機もの原子力発電があり、それら 1/3 は福島と同じ設計のもので、40 年にも及ぶ致命的な使用済み燃料棒が詰まっていて、核は危険だと誰にも思って欲 しくないからです。それでも西海岸では海の生物に何かが起きています。ヒトデは溶け、腕が落ち、もがいています。 カナダでは今年になって鰯が姿を消しました。鯨が我々が一生にそのような数で見られない場所に現れています。アラ スカでテストをした北極熊の 28%が脱毛障害、病変、皮膚の炎症をおこしていました。アザラシとセイウチも同様です。 成熟した雌ジャコウウシの 30%が北西アラスカで今年亡くなりました。恐らく、新しい病原体あるいはその後新しい病 原体/バクテリアが、弱った免疫の為に体内に入ったのでしょう。福島に起因します。大半の科学者はその可能性を無視 するので、必要がないので放射能のテストをしません。そうなのでしょうか… 私達を本当に心配させるのは、予備計画の欠如です。汚染水の循環させるには現在 2 つのシステムがあり、サリーとア ルプスは両方とも現在錆び付いたタンク、割れた配管などにより閉鎖しています。そして貯蔵タンクが不足しています。 そうするとどんなオプションが残されていますか?太平洋にすべての水を捨てますか?これは彼らが意図的に操作して いるのでしょうか?ここで漏れた 300 トン、400 トンと私達を摩耗させ『残念に思う』と言い、更に多くを捨てるので しょうか?

”漏出を防止する”氷壁は唯一のオプションで、2 年で構築されそれが機能しない時、再び”大変すまないと思う”と言い、 その後官僚が嘘の絶望の中で放棄するのでしょうか?日本政府は東京電力を破綻させず、身代わりに? 日本文化では礼儀正しいことで有名です。彼らの多くは小さな島の配置なので、このことからその理由を把握すること ができます。しかし、私は犯罪者の群れが彼らの毒を押し付け、それについて嘘をつき、どうして日本の人々が礼儀正 しく努めているのか、個人的に理解することができません。恐らく彼らがようやく怒る時、大変腹を立てることでしょ う。そうするべきなのです。 また、日本の文化は面目を保つことが主要とします。素晴らしいです。しかし私達は面目を保つことについて話してい るのではなく、太平洋を守ることを提案しています。福島は何十年と放射能が漏れ、私達と共にあるでしょう。そして 増加していく赤く放射能に汚れた土地として、永遠に知られていくことは日本のリスクです。日本は空調を動かし続け、

永久この惑星上の生命の遺伝の基礎を変化させました。よくありません。

Enenews.com, fukushima-diary.com, ex-skf.blogspot.co.uk

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s