Fukushima Update 2020

Please scroll down for Japanese translation

Nine years ago, three nuclear reactors melted down in Fukushima. For nine years Japan has put enormous effort into dealing with – and downplaying – the disaster.

Why the downplaying and denial? After nine years the wrecked Fukushima Daiichi nuclear power plant is still dangerous, while further dangers still lurk in the food, water, soil and air. Could it be to protect the Japanese nuclear industry and its embedded bureaucrats?

This past year more evidence has emerged of the highly radioactive microparticles to which Japan’s Olympic guests risk being exposed this summer [1]. These are microparticles of nuclear reactor fuel, 2 – 3 micrometres in size and rich in caesium. It is believed that they were formed when reactor 3 exploded, it’s fuel vapourising at 3,000°C then rapidly cooling and condensing.

These microparticles have been found as far as 320 km away from the nuclear power plant and 200 km away in Tokyo, while 80 km away, topsoil in some areas has been found to contain as many as 100 particles per gram. They are glassy, near-insoluble and so tiny that they float like dust and, if breathed in, they penetrate lung tissue and lodge there, permanently, bombarding the surrounding cells with radiation. This can cause cancer. Astonishingly it seems that they have never been part of the public health reaction.

All Olympics visitors are at risk of receiving higher doses of radiation than need be. They can’t avoid breathing and hot summer air can be dusty. While the South Korean athletes will bring their own food, water and radiation detectors, other visitors may not be aware of the risks and many will be unable to read labelling, ask about where their rice, fish, tea, plums etc., are from, or read radiation survey results. It appears that the Japanese government is going out of its way to hide and deny rather than to help visitors and residents with this information.

Some small steps forward have been made towards  decommissioning the ruined Fukushima Daiichi nuclear plant in the last year. Having removed the spent fuel from reactor 4, they have now removed 5% of the contents of the spent fuel pool in reactor 3 (Feb 2020). However, reactors 1 and 2 still have full spent fuel pools, up on the 4th floor. So let’s hope no earthquake demolishes the buildings during the Olympics, or in the next decade.

They have also removed the top 9 meters of the highly radioactive Unit 1 and 2 vent tower, leaving 111 meters to go.

In the only trial of any Tepco officials concerning the meltdowns, the 3 executives charged were found not guilty of failing to protect the plant from tsunamis, even though they were aware of a government report from before 2011 which predicted tsunamis of 15.3 metres, whereas the plant only had defences up to 13 meters. 15.3 meters was almost exactly the size of 2011’s tsunami.

During the past year Tepco admitted the following:

1. That there had been a leak from the Pressure Containment Vessel cap (PCV) of reactor no. 1 early in the accident. Bolts on the PCV lid had stretched, and the gasket between the metal lid and concrete body had blown. In their words, November 2019: “Check the status of the flange portion of the PCV upper lid, which is estimated to have become a major leakage path at the time of the accident.” Previously denied by Tepco and the global nuclear industry because it means all other Boiling Water Reactors worldwide are also unsafe, with ineffective containment. As Arnie Gundersen of Fairewinds had said in 2012.

2. That there was damage to the reactors before the tsunami, due to the earthquake alone. They spoke of an inspection aimed at ‘damage to containment and torus from the earthquake‘, ie not from the tsunami.

3. That the million tonnes of filtered water still contains radioactive isotopes of iodine, caesium, strontium, etc.  “Much of the radioactive water stored at the plant isn’t clean enough and needs further treatment if it is to be released into the ocean.” There is almost no information available from Tepco about which isotopes remain in how much of the water, just that 80% of the million tonnes is not ‘clean enough‘.

4. That the area inside the ‘icewall’ probably leaks, as radiation levels in the harbour go up when it rains. Rainwater falling directly inside the icewall, or passing under it – or even through it – becomes contaminated as it then flows through the site. This causes a surge of filthy radioactive water to flow on out into the harbour. If it is flowing out from under the icewall, this is an insoluble problem.

In reactor 1, they have postponed the removal of the spent fuel from 2023 to 2027/8. For this they will test the use of robots which run on springs and hydraulics, as electronic ones break. Microchips and motors both get fried by radiation.

In reactor 2, they lowered a robot claw down on to the melted down mass under the reactor, but found the pebble-like material there to be less radioactive than expected at 7.6 Sv/h. This material is a ‘cap’ of lighter metals, from the fuel racks etc. The heavier uranium fuel (300 Sv/h) has settled out, burnt down below it into or through the concrete base. Possibly making retrieval impossible. A sarcophagus would have to be built. At present, it is difficult to clearly say we are going to remove all fuel debris,” said Akira Ono, who leads Tepco’s decommissioning project. Meanwhile, they plan to use a crane on new railway tracks on the roof to remove the spent fuel. Eventually.

In reactor 3 a whiteish blobby material from the corium-concrete interaction was found to be splattered all over the spent fuel pool outside the PCV as well as around the PCV interior. So these white blobs were already forming at the time reactor 3 exploded. Large blobs (1 to 3 inches) were able to escape containment, not just microparticles, raising new questions about the amount of fuel that escaped.

Overall, Tepco is getting to the harder bits, 9 years in, and showing us all how impossible it is to clean up nuclear meltdowns. So let’s stop building nuclear reactors: renewables are indisputably cheaper, quicker, safer and cleaner. 

Written by Kick Nuclear, London, www.kicknuclear.com,

with thanks to www.simplyinfo.org/

[1] www.safecast.org/2019/08/fukushima-cesium-enriched-microparticle-csmp-update/


福島 最新情報 2020年

 9年前、福島第一原子力発電所で原子炉3基が炉心溶融(メルトダウン)を起こしました。日本は大変な努力で収束作業に当たっていますが、政府は大した被害がないかのように取り繕おうとする取り組みも続けています。

 

 なぜ被害を否定したり、矮小化したりするのでしょうか。事故から9年経った今も、福島第一原発はまだ危険な状態にあり、食物や水、土壌、大気にもリスクが潜んでいます。日本の原子力産業と、それに癒着した官僚を守るため、問題を取り繕おうとしているのではないでしょうか。

 

 今年夏の東京五輪に参加する人々は放射性粒子にさらされそうであるという証拠が、ここ1年間でますます多く出てきています [1]。放射性粒子とは、核燃料が大きさ2~3マイクロメートルの断片になったもので、セシウムをたくさん含みます。3号機が爆発した際に3000℃の高温で気化した後、急速に冷めて凝縮したものと考えられています。

 放射性粒子は福島第一原発から320キロ離れた場所でも見つかっており、最大80キロ離れた地点で表土1グラム当たり100個を超える粒子が検出されました。ほぼ水に溶けず、ガラスのようなこの粒子は、ほこりのように飛び回ります。人間が吸い込むと、肺の細胞組織の中に恒久的に留まり、周囲の細胞を被曝させ、がんを引き起こす可能性があります。驚くべきことに、保健当局はこれまで放射性粒子に対策を講じていないもようです。

 東京五輪に訪れる人々は誰もが、無用な被曝にさらされるリスクがあります。夏の空気はほこりっぽいでしょうが、呼吸を止めるわけにはいきません。韓国のアスリートたちは食材や飲料水、放射線測定器を持参する予定ですが、他の人々はリスクを認識していない可能性があるうえ、日本語表示のラベルを読んで理解したり、米や茶、梅などの産地を質問したり、放射線量の測定結果を読み取ったりできない人も多いでしょう。日本政府はこうした情報を提供して訪日客や在住者の手助けをするのではなく、事実を隠し、問題の存在を否定することに力を注いでいるように見えます。

 福島第一原発の廃炉作業は、ここ1年間でいくつか小さな進歩がありました。4号機からは使用済み核燃料が取り出され、3号機の使用済み核燃料プールからは5%(2020年2月時点)が取り出されました。しかし1号機と2号機の建屋4階にある使用済み核燃料プールはまだ満杯です。東京五輪期間中、そして向こう10年間は、地震で建屋が崩壊しないよう祈るしかありません。

 1、2号機の共用排気筒の解体は、頂上部9メートルの撤去が終わりましたが、あと111メートル残っています。

 東京電力の旧経営陣3人の責任を問う唯一の刑事裁判では、2011年以前に15.7メートルの津波が来る可能性を予見できる状況にあった3被告が、5メートル程度を想定しただけの対策を強化しなかったにもかかわらず、東京地方裁判所で無罪判決が下されました。15.7メートルとは、東日本大震災で起こった津波の高さとほぼ同じです。

 

 東電はここ1年間で、以下のことを認めています。

 

 1.事故の初期に1号機の原子炉格納容器(PCV)の上蓋から漏えいがあったこと。PCVの上蓋の留め具が伸び、金属の蓋とコンクリートの本体をつなぐ部分が外れました。同社は2019年11月の時点で「事故時の高いPCV圧力の条件下ではフランジ部からの漏えいがあったものと考えられる」という調査結果を発表しています。以前は、東電をはじめ原子力業界全体が、こうした可能性を否定していました。なぜなら、世界中のあらゆる沸騰水型原子炉の格納に問題があり、危険だということになるからです。フェアウィンズのアーニー・ガンダーセン氏は、2012年にそう指摘していました。

 

 2.津波が到来する前に、地震だけで原子炉が損傷したこと。東電はこれまでに、津波ではなく、地震による格納容器とトーラス室の損傷の調査に言及しています。

 3.フィルター処理された大量の汚染水に、依然としてヨウ素、セシウム、ストロンチウムなどの放射性核種が含まれていること。福島第一原発の敷地内に保管された汚染水の大半は、海洋に投棄するなら再処理が必要だとされています。東電は、どれだけの量の水にどの核種が含まれるかの詳細を明らかにしていませんが、80%以上が十分な処理基準に達していないと述べています。

 4.雨が降ると港湾部の放射線量が高まるため、凍土遮水壁の付近でおそらく漏えいが起こっていること。雨水は、凍土遮水壁の中に直接入ったり、その下を通ったり、凍土遮水壁を通り抜けてしまったりして、福島第一原発の敷地内に侵入します。そして、放射性の汚染水となって港湾側に出て行きます。凍土遮水壁の下から流れ出てしまうのであれば、解決法はありません。

 東電は1号機について、使用済み核燃料の取り出し予定をこれまでの2023年から2027~28年へ延期しました。溶け落ちた核燃料を取り出す作業では、バネや水圧を使ったロボットの活用を模索しています。半導体チップやモーターが放射線の影響を受けてしまい、電子部品を使ったロボットは役に立ちませんでした。

 

 2号機内部には、原子炉の下に溶け落ちた核燃料をつかむための機材を入れてみたところ、放射線量が7.6シーベルト/時(Sv/h)と予想より低水準でした。使用済み核燃料を保管するための棚などの金属が溶け、蓋のように被さっていたようです。より質量の大きいウラン(300 Sv/h)は溶け出して、下の方へ潜ったか、コンクリートの底を突き抜けたはずです。そうであれば、溶融燃料の取り出しなど不可能でしょう。原子炉全体を石棺で覆うしかありません。東電の福島第一廃炉作業を率いる小野明氏は、現時点で全ての燃料デブリを取り出せる時期を明確に示すことはできないと述べています。こうした中、建屋の天井にクレーンを取り付けて使用済み核燃料を取り出す計画も進めています。

 3号機内部では、炉心溶融物とコンクリートが混じった白っぽい塊が、圧力容器の内側だけでなく、外側にも拡散していました。こうした塊は3号機の爆発時から形成されつつありました。粒子だけでなく、大きめの塊(2~7センチ)まで圧力容器から出たことを考えると、一体どれだけの燃料が溶け出してしまったのか、あらためて考えさせられます。

 総じて東電は、9年目にして一段と難しい局面に差し掛かっており、メルトダウンした原子炉の廃炉作業がどれだけ不可能に近いかを私たちに示しています。これ以上、原発を建てるのはやめましょう。再生可能エネルギーの方がより安く、早く、安全で、環境に優しいことに、もう議論の余地はありません。

文責:キック・ニュークリアー・ロンドン http://www.kicknuclear.com

http://www.simplyinfo.org/ への謝意とともに

[1] http://www.safecast.org/2019/08/fukushima-cesium-enriched-microparticle-csmp-update/