Fukushima update 2019

please scroll down for Japanese language version of this update

In the 8 years since the meltdowns of three nuclear reactors at Fukushima Daiichi nuclear power plant in Japan, the extreme difficulty of cleaning up, or even sticking a working bandaid on the power plant, has become slowly more obvious and more undeniable. Tepco, the company who own the plant, managed to dangle a robot the size of three end-to-end drink cans into reactor 2 in Feb 2019, to poke the pile of melted fuel on the floor under the former reactor. They had a video camera on board, as well as some tongs fitted, so were able to film their robot scooping up a few gravel-like lumps of fuel, yet found that other ‘areas’ of fuel were set like concrete, and will need to be angle-ground or cut out, rather than just scooped up. Difficult when the radiation there will kill any worker in minutes.

One of the biggest dangers is that if you go moving around lumps of highly radioactive material you can accidently bring lumps of it close enough together that will then go critical. A mini nuclear explosion could be the result, which even the Japanese government admit would not improve the site nor make it easier to clean up.

Tepco admitted in October 2018 that the 1.1 million tonnes of contaminated water stored at the site “needs further treatment/filtering” before they can be “released into the ocean”. They found that the ALPS filters had “consistently failed to eliminate a cocktail of other radioactive elements, including iodine, ruthenium, rhodium, antimony, tellurium, cobalt and strontium,” and that over 80% of the water is above the limits set for just throwing it in the ocean. 600,000 Bq/litre of strontium-90 was found in some tanks. For years Tepco has claimed the water only contains tritium, and so if they diluted it with more sea-water they could just throw it in the sea, while never releasing any figures for the actual content of the ‘treated’ water. They are still pumping out and storing around 150 tonnes a day from the reactor building basements, since the ice-wall is “only partially effective” at stopping ground water flowing into the basements. Maybe the next tsunami will just sweep the 1.1 million tonnes of water and the millions of tonnes of waste from the “clean-up” of Fukushima prefecture that are stacked in black bags along the coast into the ocean for them. Job done …

The ALPS filter system is operated by Hitachi, who are not having a good run, having just given up on trying to build two nuclear power reactors in North Wales and two in Gloucestershire, as the “numbers didn’t add up”. Two months earlier, Toshiba gave up on a planned nuclear power station next to Sellafield, in Cumbria, and six months before that Mitsubishi gave up on planned reactors in Turkey, for the same reason. So all three Japanese nuclear corporations have abandoned attempts to spread these deadly plants outside Japan. Only the French, Russian and Chinese governments are still wanting to build them, for reasons of geopolitics and bureaucratic pride/inertia.

Yet 24.9 GW of onshore wind was installed in Asia/Pacific in 2018 alone, bringing the total there to 256 GW. 51.3 GW of wind was installed globally in 2018. The EU installed 8 GW of solar in the same year. Cheaper, quicker, cleaner, doesn’t melt down and poison your country. (Each nuke is about 1 GW.)

With the Olympics scheduled for next year, partly in Fukushima prefecture, they have only found one third of the volunteers they need for the games, mostly old folk. Youth and teenagers don’t want to know, it seems. Surprise. Meanwhile, three swimming pools full of deadly spent fuel remain up on the 4th floors of three of the reactor buildings. One more nasty earthquake collapsing those buildings would probably lead to northern Japan becoming uninhabitable. They hope to have the pools emptied in 5 or 10 years …

After eight years more than 50,000 people are still refugees from the disaster. Many are being forced to move back into radioactively contaminated zones, because the acceptable radiation exposure limit has been raised from 1 to 20 mSv/year and the “financial assistance for evacuees” has been terminated. For citizens in the rest of Japan and the rest of the world the radiation exposure limit is 1mSv/year as set by the ICRP (International Commission on Radio- logical Protection).

In surveys, about 10% of former residents say they plan to move back one day; 60% say they have no plans to move back. Chicken or egg: few people means not much rebuilding of facilities; few facilities means few want to move back. Around 30 group lawsuits demanding compensation have been lodged around Japan, often meeting with success. 5 out of 6 recent cases against the government have resulted in the government and Tepco being held liable due to failing to prepare for the tsunami (foreseeable since 2009, said the courts) and failing to avoid the hydrogen explosions by placing the cooling equipment, generators, on high enough land.

Across Japan some courts, some local governments and many residents are denying permission to restart nuclear reactors. South Korea, Taiwan and China still refuse to buy Fukushima produce. The cleanup might take 40 years; in 2015 the plant manager said maybe 200 years. A conservative think tank, the Japan Centre for Economic Research, said it might cost $640 billion.

272 children have been found to have thyroid cancer. Daily average emissions into air and water from July to September, 2018 were 5.26 million Becquerels of caesium (134 and 137 combined).

When nuclear goes wrong, it goes really wrong. Even an Olympic Games can’t pretend otherwise.

For the best updates, photos and videos on the situation at Fukushima: http://www.fukuleaks.org/web/

.

福島 最新情報 2019年

福島第一原子力発電所で原子炉3基が炉心溶融(メルトダウン)を起こしてから8年が過ぎましたが、事故後の処理は困難を極め、悪影響をこれ以上広げないための一時的な措置すら難しいことが、紛れもない事実として徐々に明らかになっています。東京電力は2019年2月、福島第一原発2号機の原子炉に棒状のロボットを挿入し、格納容器の底部に溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)まで届かせることができました。先端がアーム状になっているこのロボットにはカメラが搭載され、燃料デブリの一部をつまみ上げる様子が撮影されたものの、コンクリートのように固まっている部分もあり、単につかみ出すのではなく、切り出す必要があることが判明しました。作業員が近づけば数分で死亡するような放射線量の原子炉内では、実行が難しい作業になるでしょう。

最も大きな危険の1つとしては、取り出そうとして移動させる燃料デブリの塊が、他の燃料デブリの塊と近づき過ぎてしまい、臨界状態に達してしまう恐れが挙げられます。日本政府ですら、そこから小規模でも核爆発が起きれば、福島第一原発の状況を少しでも改善し、後処理を進めていく取り組みにとって深刻なダメージになると認識しています。

福島第一原発の敷地内に保管されている汚染水は現在110万トンに上ります。東電は2018年10月、汚染水の8割以上について、海洋放出の基準を満たすには「再浄化」の必要があると発表しました。多核種除去設備(ALPS)でヨウ素、ルテニウム、ロジウム、アンチモン、テルル、コバルト、ストロンチウムといった核種を取り除けない状況が続いたということです。一部のタンクでは、ストロンチウム90が1リットル当たり60万ベクレルもの濃度で検出されました。東電は何年にもわたって、汚染水にはトリチウムしか残っておらず、海水で希釈すれば海洋放出できると主張してきた半面、「浄化」されたはずの汚染水に実際は何が含まれるのかのデータを公表していませんでした。福島第一原発では現在も、原子炉建屋に流れ込んでくる地下水を1日当たり約150トンくみ上げ、保管しています。地下水の流入を食い止めるための凍土壁は、部分的にしか効果を発揮していません。もしまた津波が来れば、110万トンの汚染水も、福島県内の除染作業によっておびただしい数のフレコンバッグに詰め込まれた汚染土も、波にさらわれて「一掃」されるのかもしれません。それで片付けてしまうとでも言うのでしょうか。

福島第一原発で使われているALPSは日立製ですが、日立製作所の経営もあまり上手くいっていないようです。同社はウェールズ北部とイングランド南西部グロスターシャー州にそれぞれ2基の原子炉を建設する予定でしたが、採算の見通しが立たずにいずれも諦めたばかりです。同じ理由で、その2カ月前には東芝がイングランド北西部カンブリア州にある原子力施設「セラフィールド」近郊で原発の新設を断念、6カ月前には三菱重工がトルコでの原発建設計画を取り下げました。つまり日本の3大原発メーカーが全て、極めて危険な原発を輸出する試みから手を引くことになりました。地政学的な理由や官僚のプライド、惰性から原発新設の希望をまだ捨てていないのは、フランス、ロシア、中国だけです。しかし、2018年だけでもアジア太平洋地域における陸上風力の発電容量が24.9ギガワット拡大し、合計で256ギガワットとなりました。同年に全世界の風力発電容量は51.3ギガワット拡大しました。欧州連合(EU)では2018年にソーラー発電容量が8ギガワット増を記録しました。これらの発電方法は比較的コストが安く、建設から稼働までの時間が短く、環境負荷も低い上、メルトダウンを起こしてあなたの住む国を放射能で汚染することもありません(原子炉1基当たりの発電容量は約1ギガワットです)。

2020年夏の東京オリンピックは、競技の一部が福島県でも開催されます。福島県での都市ボランティアに応募した人の数は定員の3分の1にとどまり、年齢層は高めでした。若者が応募したがらないのも無理はありません。こうした中、福島第一原発1~3号機の原子炉建屋の4階部分にスイミングプール3個分もの使用済み核燃料が保管され続けています。また大きな地震に見舞われて、原子炉建屋が完全に崩壊してしまうと、日本の北部一帯がおそらく居住不可能になるでしょう。東電は5~10年以内に使用済み燃料の取り出しを目指すと言っていますが・・・。

福島第一原発事故の影響で、未だに5万人以上が避難生活を続けています。福島県で被ばく許容線量が年間1ミリシーベルト(mSv)から年間20mSvに引き上げられ、賠償や補償も相次いで打ち切られているため、放射線量が未だに高い地域への帰還を余儀なくされた人々も少なくありません。国際放射線防護委員会(ICRP)は全世界の一般人の被ばく許容線量を年間1mSvに定めており、日本でも福島県以外にはこの基準が適用されています。調査によると、避難指示が出た区域へいつか戻るつもりのある元住民は1割程度で、6割は帰還するつもりがないと回答しています。卵が先か鶏が先か。帰還する住民が少なければ生活基盤の再建が進まず、生活基盤が整わなければ戻りたいと思う人が減るでしょう。日本全国で福島第一原発事故の賠償を求める訴訟はおよそ30件起きており、勝訴判決もかなり出ています。最近下った6つの判決のうち、5つは政府や東電が津波対策を怠ったとし(2009年の時点で津波被害を予見できたはずだと裁判所が結論付けました)、冷却装置や電源を十分高い場所に置かなかった責任が政府や東電にあることを認めました。一部の裁判所や地方自治体、そして多くの日本国民が、日本各地にある原発の再稼働に反対しています。韓国、台湾、中国は福島県産の食品の輸入を引き続き禁じています。福島第一原発の廃炉には40年かかるとされていますが、2015年には同原発の幹部が200年かかる可能性に言及しました。日本経済研究センターは福島第一原発事故の後処理にかかる費用が最大70兆円に達するとの試算を明らかにしています。小児甲状腺がんの患者は272人に上っています。2018年7~9月のセシウム(134および137)放出量は1日当たり平均526万ベクレルでした。

原発が不具合を起すと、とんでもない事態を引き起こします。オリンピックですら、それをごまかすことはできません。

福島の最新情報や写真、動画は、こちらの閲覧もお勧めします: http://www.fukuleaks.org/web/

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s